湯灌

湯灌の儀式には亡くなられた方が、生前の疲れや悩み、汚れを落とし

来世に旅立つために洗い清めるという意味がございます。

そして慌ただしく過ぎていくお通夜、ご葬儀の中で、

湯灌の儀式は遺族の方々と故人様とのお別れをゆったりとした気持ちで見守ることができる貴重なひとときといえます。

(湯灌の儀式はスタッフ2名で執り行います。

『湯灌の葬儀』の流れ
準備
清浄槽を室内へ搬入します。※お湯をいただきます。
故人様の衣服を脱がせやすくするために硬直を解きます。
移動
お肌を見せることなくタオルをかけ故人様を清浄槽まで移動します。
ご挨拶
湯灌の葬儀の口上。
同時に湯灌の内容等をご説明し、ご希望などを伺います。
掛け湯
ご家族、ご親族の代表数名で順番に掛け湯をしていただきます。
洗顔・洗髪
全身洗い
シャンプーで髪を洗い、洗顔、顔剃り(男性は髭剃り)を行います。
ご家族、ご親族の代表数名で最後に故人様のお顔を優しく拭いて頂きます。
着付
衣装(旅支度)の着替えを行います。納棺の儀式のみの場合はここからになります。
※故人様のお気に入りの洋服や着物などをお着せすることもできます。
お化粧
脱脂綿詰め替え処理を行い、お化粧を施します。(女性は産毛の処理を行います。)
全身綿作り
全身の綿作りを行います。
※全身綿作りを行わず、故人様のお気に入りの洋服や着物などをお着せすることもできます。
納棺
ご遺族のお立会いの上で故人様を棺へ納棺いたします。
湯灌の儀式が終了致します。
湯灌で使用したお湯は全てタンクに引き込み回収いたします。